ANNYYS_Dv16の「管理者権限」について

「管理者権限」についての説明と言いましても、読んで字のごとく“管理者としてANNYYS_Dをカスタマイズできる権限”の事であります。
既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、(ANNYYS_Dはv14まではカスタマイズを自由に行う事が出来ました)
v16より自由にカスタマイズを行う事を制限させて頂いております。これにより、ユーザー皆様へ同様の保守サービスを提供させて頂けております(保守サービス料を引き下げました)。

半面、FileMakerのスキルが高いユーザー様や、カスタマイズを前提に実運用を検討されていたユーザー様にとっては由々しき事態となり、当然「自由度と拡張性が大きなメリットだったのに(怒)!」となってしまいます。そこで、そういった方々のために”別途譲渡する商品“として「管理者権限」を有償にてご用意させて頂く運びとなりました。
ANNYYS_Dv16管理者権限の商品ページはこちらです。
ご理解頂けますようよろしくお願い申し上げます。

※宜しければ、カスタマイズ可能なv14も(2018年1月17日現在)ダウンロード可能です。
v14はこちらからダウンロードいただけます。

==管理者権限が必要な方==
現在Filemakerでつくったシステムを既に利用していて、ANNYYS_Dに組み込んで利用継続したい方
FileMakerは使えるので、ANNYYS_Dを使いながらカスタマイズしたい部分を自分で対応したい方
FileMakerは使ったことがないが、これから勉強して固有の集計や帳票等を作って利用したいと考えている方
自分でFileMakerは使わないが、外部デベロッパに作業を委託してANNYYS_Dに固有の機能を追加したい方

それでは今回はこの辺で失礼いたします。
次回は、新たなFilemakerライセンスについて、の予定(は未定)です。
今後ともANNYYS_Dをよろしくお願い致します。

関連記事

  1. DBManager2017のご紹介

  2. ANNYYS_D専用 FileMakerライセンスについて