DBManager2017のご紹介

皆様におかれましては健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
さて、2018年最初は「DBManager2017」をご紹介させて頂きます!

これまでの「DBManager」(マスタ更新プログラム) は昨年11月にコンセプトを一新し「DBManager2017」へとアップグレード致しました。

何が変わったか?と申しますと・・、
外部サーバー(ANNYYS_D事務局サーバー)にネット経由でアクセスして行っていた更新作業を、院内のORCA側マスタデータをANNYYS_Dのマスタデータに対して同期させる事で完結出来るようにしたため、より安全でスピーディーな作業を行える他、両者間(ORCAとANNYYS_D)のマスタの差異をなくしてよりスムーズな連携を実現出来るようになりました。

※耳寄り情報!

上記の説明を、別角度から紐解きますと・・、
❝ORCAよりデータを吸い上げて❞ ❝FileMakerファイルに保存する事が出来ます❞という事になりますので、ANNYYS_D関連のデータかどうかに関係なく、ORCAに保存されたデータをFileMakerを使って書類作成に使う! といった、ORCAユーザーの間で「やりたいけど諦めかけていた」事も具体化できるのではないかと思います。

上記の様に、ANNYYS_Dユーザーだけではなく、ANNYYS_Dユーザーでない方も有意義に利用出来る様、対象者や利用範囲を広げたツールとなっておりますので、ご興味ある方はショップにてデモ版(無償)をダウンロードしてみて頂き、是非一度お試し下さい。(デモ版は「100件まで」のデータ制限があります)

AD DBManager2017ショップページはこちら

※製品版を単体でご利用の際は有償となっておりますが、ANNYYS_Dの保守サポートをご契約のユーザーには無償(契約内)にてご利用頂いておりますので、その辺もお知りおきくださいませ。

それでは、今回は失礼致します。
次回は、皆さん気になるアノ事 についてお知らせしようと思います。
今後ともANNYYS_Dをよろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. ANNYYS_Dv16の「管理者権限」について

  2. ANNYYS_D専用 FileMakerライセンスについて