ANNYYS_Dを使ってみよう4 ーメディカルチェックー

ANNYYS_D簡単ガイド 目次
STEP1 ダウンロードと準備
STEP2 起動と操作概要
STEP3 各種設定
STEP4 メディカルチェック
STEP5 ORCA連携

Ⅳ.メディカルチェック画面について

今回は、受付後にバイタル入力・身体測定入力等を行うケースでの【メディカルチェック画面】利用手順をお知らせ致します。
※「受付の方法」については、前々回【起動してさわってみよう】の3 を参照

1.「バイタル」ウィンドウ
受付登録を行うと(リスト右側に)メディカルチェック画面を開くボタンが表示されています
メディカルチェック画面を開きます


「バイタル」ウィンドウが準備された状態で画面が開きます(下図は既に値を入力後)、
項目を確認の上、画面右側の数字キーにて適宜入力を行います。
過去のバイタルデータは画面下にリスト表示されています

2.「身体」ウィンドウ
画面左側の「身体」タブで「身体」ウィンドウを開きます、
項目を確認の上、画面右側の数字キーにて適宜入力を行います。
過去の身体測定データは画面下にリスト表示されています

3.「問診」ウィンドウ
画面左側の「問診」タブで「問診」ウィンドウを開き、
問診項目を選択の上「開始」ボタンを押して問診を開始します。



画面左側に質問が表示されるので、回答を入力します(選択式やフリーテキスト等)。
※フリー入力欄は入力後にenterキーを押すと次の質問に移動できます。

全て入力が終わったら(次の質問に移動しなくなったら)「戻る」ボタン。

カルテ(SOAPのS部分)に転記したい問診項目は、右側の矢印ボタンを押すと転記されます。

4.確認と編集
「メディカルチェック画面」は「カルテ入力画面」からもデータの確認&入力が行えます。

以上、こんな感じで「メディカルチェック画面」は利用致します。
又、画面左側のタブは(本記事では説明を省きます)検査記録を入力&保存しておくウィンドウになりますので
ご参照の上、テスト入力などしてみて下さい。

今回の「バイタル」ウィンドウは実運用の際はほとんどのユーザーが利用する画面かと思いますので、
使い勝手などよくご確認頂けますと幸いです。

次回は【ORCAとの連携(概要)】を予定しています、
今後ともANNYYS_Dをよろしくお願い致します。

関連記事

  1. ANNYYS_Dを使ってみよう2 ー起動と操作概要ー

  2. ANNYYS_Dを使ってみよう3 ー各種設定ー

  3. FileMakerのSVGアイコンの登録について

  4. 妊婦加算の算定方法について

  5. ORCAとの連携テストについて

  6. FileMaker電子カルテANNYYS_Dを使ってみよう1 ーダウ…