ANNYYS_Dを使ってみよう2 ー起動と操作概要ー

ANNYYS_D簡単ガイド 目次
STEP1 ダウンロードと準備
STEP2 起動と操作概要
STEP3 各種設定
STEP4 メディカルチェック
STEP5 ORCA連携

ANNYYS_Dサイトではマニュアルを公開しています!
http://www.annyys.net/support/manual/

「まずはザックリとした理解で試したい」方はコチラの記事を参考にして下さい。
ANNYYS_D簡単ガイド
http://www.annyys.net/category/annyysd_guide/

Ⅱ.ANNYYS_Dを起動してさわってみよう

さて、今回はダウンロードはしてみたけど、使い方(試し方)がわからない・・、という方のために。
【ANNYYS_Dの起動】と、(さわってみよう)【操作概要】についてお知らせ致します。

ANNYYS_Dの起動

1.ダウンロードして解凍したファイル(前回記事3番参照)の中から、「ANNYYS_Dv16(.fmp12)」をWクリックしてANNYYS_Dを起動します。

※補足:上記「ANNYYS_Dv16(.fmp12)」ファイル以外のファイルは通常の利用で開く事はありません。
(カスタマイズユーザーは場合により開きます)

2.起動した「メニュー画面」(下図)でIDとパスワードを入力してログインします。
アカウント :[user]
パスワード :[pass]

正常にログイン完了すると、アカウント入力欄は消えてなくなります

操作概要 ーさわってみようー

3.受付をする
ログインができたら、
「メニュー画面」左上の「外来受付」ボタンを押して「受付画面」を開きます。

「受付画面」右上「+」ボタンを押して①→受付患者のIDを入力して(enterキー押す)②③、
続けて「受付」ボタンを押すと④、受付登録できます。
※練習用に1~30までのIDはテスト患者が登録されています。

※④の操作で「受付画面」に受付リストが追加表示されます

4.診察をする
「受付画面」で受付登録した各受付リストの右端にある「>」ボタンを押して「診察画面」(カルテ入力画面)を開きます。

「診察画面」中央部の所見入力欄(S/O/A/P形式)に、下記①②の方法で所見を入力します。
①キーボードを使い手入力する
②「SOAP」ボタンより定型文を入力する(入力後の編集可)

※過去の診察データが保存されている状態(来院2回目以降)であれば「Do入力」をする事ができます

5.会計情報を入力する
「診察画面」左側の[行為][薬剤][機材][用法][セット]のタブを使い分けて診療行為(会計情報)を入力します。

※過去データがある場合には「Do入力」、又は「定型文機能での入力」機能を使う事も出来ます。
※セットの登録方法は、http://www.annyys.net/support/manual/p5/ の「登録」を参照下さい。

6.会計情報をORCAに送信する
(ORCA連携の設定については後日記事を掲載する予定です。)

「診察画面」右上の「確」ボタンを押します。


(5の操作で入力した処方や検査項目から、対象となる病名候補が表示されるので必要に応じて入力)

「確」ボタン横に現れる「送信」ボタンを押します。


ORCAに会計情報(診療行為)が送信されて、診療行為欄の上部に「登録処理完了」の青字が表示されます

今回はここまでとなります。
操作の「概要」という事で、詳細についての説明は省略致しましたが如何でしたか?
さわってみて頂ける程度にご理解頂けたなら幸いです。

せっかくダウンロードして頂いたANNYYS_Dですので、是非”どんな使い方をするのか”整理して頂いた上でお試し頂ければ、と思っております。
少し長くなってしまいましたが、読んで頂きありがとうございました。

関連記事

  1. FileMaker電子カルテANNYYS_Dを使ってみよう1 ーダウ…

  2. 妊婦加算の算定方法について

  3. 検査結果の取込みについて

  4. ANNYYS_Dを使ってみよう5 ーORCA連携ー

  5. ANNYYS_Dを使ってみよう3 ー各種設定ー

  6. ANNYYS_Dを使ってみよう6 -“v16”での新機能-