マスタ管理

マニュアルの表現に関して

本マニュアルでは大文字英語の記号表現があります。
この意味以下のようになりますので、ご理解の上お読みいただけますようお願い申し上げます。

マスタ管理

例1)L[メインメニュー] B[外来受付]
メインメニュー画面の、外来受付ボタン(を押す)となります。

例2)L[診療記録] T[病名] F[病名]
診療記録画面の、病名タブの、病名入力スペースとなります。

マスタ管理は登録された各種マスタデータを管理するための機能です。
用途に応じて、各画面に表示されるリスト(マスタ)に必要なデータのみを表示させることも可能です。

マスタ管理

SET登録

5.診察画面その他機能「登録」を参照してください

病名マスタ

病名マスタ

データソース:DB_ANNYYS/tbl_byomei

診療行為マスタ

診療行為マスタ

データソース:DB_ANNYYS/tbl_tensu

診療行為マスタ

このレイアウトではDB_ANNYYS/tbl_tensu収録データのうち現在有効なもので診療行為に関るものを表示できるようになっています。
主だった項目区分は上部に配置された各種ボタンで表示内容を切り替えられます。
ボタン:B[診察] B[医管] B[在宅] B[注射] B[処置] B[手術] B[検査] B[画像] B[その他] B[検索]

【診療行為項目の採用登録】
•コード番号をクリックして青字にする事で L[診察画面] T[行為]リスト内に表示され選択できるようになります。
•青字をさらにクリックするとリスト対象から外れます。

薬剤・生薬マスタ

薬剤・生薬マスタ

データソース:DB_ANNYYS/tbl_tensu

薬剤・生薬マスタ

このレイアウトではDB_ANNYYS/tbl_tensu収録データのうち現在有効なもので薬剤・生薬に関るものを表示できるようになっています。
主だった項目区分は上部に配置された各種ボタンで表示内容を切り替えられます。
ボタン:B[内服] B[外用] B[注射] B[生薬] B[造影] B[検索]

【薬剤・生薬の採用登録】
•コード番号をクリックして青字にする事で L[診察画面] T[薬剤]リスト内に表示され選択できるようになります。
•青字をさらにクリックするとリスト対象から外れます。

材料・フィルム・自費マスタ

材料・フィルム・自費マスタ

データソース:DB_ANNYYS/tbl_tensu

このレイアウトではDB_ANNYYS/tbl_tensu収録データのうち現在有効なもので特定機材に関るものを表示できるようになっています。
主だった項目区分は上部に配置された各種ボタンで表示内容を切り替えられます。
ボタン:B[材料] B[フィルム] B[検索]

【材料・フィルム・自費の採用登録】
•コード番号をクリックして青字にする事でL[診察画面] T[材料]リスト内に表示され選択できるようになります。
•青字をさらにクリックするとリスト対象から外れます。

【自費項目の追加登録】
B[自費+]をクリックして新しく追加されたレコードにコード番号・名称・金額・単位を入力します。
※ORCA連携の場合はORCA側の登録内容と同じコードで登録してください。

材料・フィルム・自費マスタ

用法・コメントマスタ

用法・コメントマスタ

データソース:DB_ANNYYS/tbl_tensu

用法・コメントマスタ

このレイアウトではDB_ANNYYS/tbl_tensu収録データのうち現在有効なものでコメントに関るものを表示できるようになっています。
主だった項目区分は上部に配置された各種ボタンで表示内容を切り替えられます。
ボタン:B[用法] B[部位] B[定型] B[補足] B[数日] B[その他] B[検索]

【用法・コメントの採用登録】
•コード番号をクリックして青字にする事でL[診察画面] T[用法]リスト内に表示され選択できるようになります。
•青字をさらにクリックするとリスト対象から外れます。
•用法が無い場合はフリーコメントコード[810000001]以降で入力してください。
•[その他+]を更に押すと、フリーコメントコード が追加されます。

用法・コメントマスタ
用法・コメントマスタ

採用コードマスタ

採用コードマスタ

データソース:ANNYYS_D/tbl_inputcd(S[メンテナンス]>S[バックアップ],S[リストア]対象データ)

採用コードマスタ

各マスタで採用登録を行ったデータです。
採用登録したデータはANNYYS_D内のtbl_inputcdに収録されているので他のANNYYS_Dと内容が重複しません。
そのため診療科や医師別に利用する項目だけを登録し診療行為入力を簡素化することができます。

 
前のページへ 次のページへ