診察画面の「SOAP」ボタンからSOAP_D画面を開きます。

SOAP_D画面を開きます

1.1.定型文の作成(SOAPのコメント作成)

SOAP_D画面の左下にある「編集」ボックスにチェックを入れて“編集モード”に切り替えます。

“編集モード”に切り替えます

・新規作成の場合
画面左、定型文タイトルの最下部に新規定型文のタイトルを入力します(下図は「感染性胃腸炎A」と入力)

新規定型文のタイトルを入力

上図の①②③を設定したら(空欄があっても可)左下「編集モード」のチェックを外します。

・既にある定型文の編集
各定型文の変更については、「編集モード」のチェックを入れた上で対象の定型文を選択し、編集して下さい。

編集モード部分にチェックを入れた際、左側のタイトル上に表示される「数字」と「チェック」について▽
●「数字」   :小さな数字順に上から並びます。小数(1.5など)の設定も可能です。
●「チェック」 :チェックを外すとリストから除外されます。

1.2.単語や記号の登録

コメントの入力を登録された単語や記号を使って入力する事が出来ます。

・登録方法
画面上部の「S」「O」「A」「P」ボタンの中から、登録操作を行う項目(ボタン)を選択してから左下の「編集モード」にチェックを入れます。

単語や記号の登録

編集モードにチェックを入れた状態で空欄となっている場所に単語を設定したり、設定された単語(又は記号)を編集する事が出来ます。
*設定された単語はクリックすることで入力できるようになります(詳しくは2.2 フリー入力と編集 参照)

1.3.シェーマの登録(D画面)

「D」ボタンを使って画像編集を行う場合に予めシェーマが登録されていると便利です

・シェーマ画像の登録方法
「D」ボタンを押して画面を開き、更に「シェーマ」ボタンでシェーマ画面(下図)を開きます

シェーマ画面

①シェーマ画面(上図)を開いたら、上部「編集モード」にチェックを入れる
②上部の身体部位ボタンからシェーマを登録する部位のボタンを選択する
③空欄の部分に登録するシェーマ画像をドラッグして登録完了(サンプルとしていくつかのシェーマが事前に登録されています)

定型文や単語の登録が完了!
登録した定型文を使った入力 4.5.2.操作方法

前のページへ 次のページへ