カルテ入力

診察画面の左側で過去記録を参照しながら、薬剤や行為名などを選択する事で画面右側に診療行為を入力していきます。
画面中央には所見コメントを(SOAP形式で)入力します。
・左側の上段が過去歴のリスト
・左側の中段が入力補助ボタン
・左側の下段(黄色部分)が上段で選択した過去歴の詳細表示となります。

 

カルテ入力

所見・コメント入力

L[診療記録]T[診察]の中央部分、所見入力欄に入力します

所見入力欄

【入力方法3種】
①フリーテキストをキーボードでフリー入力します。
②「Do入力」で入力します。
画面左側上段で過去歴を選択の上、中段の入力補助ボタンの中から「S:Do」「O:Do」「A:Do」「P:Do」を押してそれぞれDo入力を行います。
③「テンプレート」を選択して入力します。
上図赤枠「SOAP」ボタンよりテンプレートウィンドウを開き予め設定したテンプレートを入力します。

テンプレートは所見(コメント)+診療行為(会計情報)+病名 をテンプレートとして登録しておく事ができます。

*カルテテンプレートの登録方法はこちら
4.5.1.定型文及び単語などの設定

診療行為の入力

L[診療記録]T[診察]の画面右側部分、診療行為欄に入力します。

診療行為欄

①「マスタ選択」での入力
画面左側、中段にあるタブ&ボタンからマスタ選択をします。

①「マスタ選択」での入力

 『行為』タブ:

『行為』タブ

 1_「行為」タブ>>2_枠の中から種別を選択>>3_行為リストから行為を選択(診療行為欄に入力される)
 完了

 『薬剤』タブ:

『薬剤』タブ

 1_「薬剤」タブ>>2_枠の中から種別を選択>>3_薬剤リストから薬剤を選択すると、数量(錠/ml/g/枚など)を指定するウィンドウが表示されます。

 ⇩
 
過去に処方(入力操作)した事のある薬剤の場合は、過去に入力した用法・日数で良いか、アラートウィンドウが表示されます。

 ⇩

アラートウインドウ

 「OK」(又は編集してからOK)で完了

 『機材』タブ:

『機材』タブ

 1_「機材」タブ>>2_枠の中から種別を選択>>3_項目名(マスタ)を選択
 完了

 『用法』タブ:

『用法』タブ

  1_「用法」タブ>>2_枠の中から種別を選択>>3_項目を選択
  完了
  
 『病名』タブ:
  診療行為を入力完了後、診察画面右上の「確」ボタン(確定)と押します。
  ➡自動的に画面左側の「病名」タブが選択され、診療行為に入力した「薬剤」や「検査」項目を参考にして候補となる病名がプルダウンに表示されます。

『病名』タブ

  1_「病名」タブ>>2_病名選択(プルダウンより)>>3_病名登録(+)ボタン
  入力完了
*登録された病名は「病名」ボタンにて確認します。

②「Do入力」をします
画面左側、「過去カルテ詳細」(黄色)に表示された内容が「Do」(再入力)の対象となります、
下図1の枠内の「全Do」:(診療行為の内容全て)又は「薬Do」:(処方のみ)を選択してDo入力をします。

Do入力

③SETから入力します

SET入力

1_「SET」タブ>>2_枠の中から種別を選択>>3_セット名称を選択
完了
*SETの登録方法については______を参照して下さい

➃定期処方の入力

定期処方入力

1_「記録」タブ>>2_定期処方ボタン
完了
*定期処方の内容は「患者基本情報」>>「基本」タブ>>定期処方フィールドに事前に登録が必要です

画像の保存

1.保存と編集の方法
L[診療記録]T[診察]の中央部分、所見入力欄にある「SOAP」ボタンでテンプレートウィンドウを開きます

画像の保存-SOAP

テンプレートウィンドウの「D」ボタンを押して「画像編集」画面に切り替えます

画像の保存-D

・シェーマを使う場合には「シェーマ」ボタンからシェーマを選択して「⇦」ボタンで左側の編集欄に移動します
・写真など画像を使う場合には、保存したい画像ファイルを「1.オリジナルイメージ」欄にドラッグして保存します
(その後シェーマと同様の手順で編集できます)

編集欄に移動したら、左下「Start」ボタンを押すと、パレットが表示されます

画像の保存-Start

パレットで画像を編集➡「完了」➡「保存」で、 L[診療記録]T[診察]にて画像を参照する事ができます

画像の保存-複数

*詳しくは 11.カルテテンプレートの使い方「画像の保存」を参照して下さい

カルテ入力の完了(確定)

所見(S/O/A/P)入力、及び診療行為の入力が終わったら、診察画面右上「確」(確定)ボタンを押します。

確定

(ボタンを押す)

自動的に画面左側の「病名」タブが選択される
診療行為として入力した内容に対し、適応する病名候補がプルダウン(下図2部分)に表示されます。

病名タブ

1_「病名」タブ>>2_病名候補より病名選択(プルダウン)>>3_病名登録(+)ボタン にて病名が登録できます。
 (登録された病名は画面右側「病名」タブで確認できます)

*「確」ボタンを押す毎に、その時点でのカルテ記録がPDFファイルとして保存されます。
  内容が変更されたタイミングで毎度「確」ボタンを押すことで修正歴を保存する事が出来ます。

画面右上、「送信」ボタンを押します

送信

「診療行為」情報を会計システムへ送信完了

前のページへ 次のページへ